読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

“股間に触る”じゃなくて“感性に触り”たい。という話。

昨日スタッフミーティングをしているときに、密かに僕が前から思っていたことを発信してみました。それは「風俗はこれから“切なさ”がウリになっていく」という話です。あ、何言ってんだこいつって思わないでください。きっかけは以前にコンテンツ論みたいな…

先月(2016年11月)のよく読まれた記事を紹介します。という話。

今年も最後の月がやってきましたね。ついに冬も本格化。今月は個人的な楽しみも含めて少しイベントの多い月です。 なかなかブログが続かなかった僕ですが、今月も頑張って書いていこう!ということで、せっかく100記事も超えたので、先月よく読まれた記事と…

2016年11月を振り返って。という話。

ちょっと終了までは早いのですが、とりあえず目標ぐらいは達成しそうなので11月の総括を。やはり寒くなってきただけあって、風邪ひくキャストさんが増えたり、お客様も来店は多いのですが、当店でいう“オプション”は少なく、なかなかお財布のヒモが硬いよう…

noteで“さらに内側”を書き始めました。という話。

開始直後から登録しておきながら、あまり使えていなかった「note」。ちょっと思い立って、せっかくだから“さらに内側”を書き始めました。note「風俗の社窓から」の内側 こちらは日記や本当にふと思ったことなどになるので、興味あれば覗いていただけたら嬉し…

日本の風俗は世界の“サブカル”になる。という話。

当店は赤坂にあるためか、外国人のお客様もいらっしゃいます。基本、日本語でコミュニケーションができればご案内可能ですので(一応英語対応のキャストさんもいます)意外と常連様になる方も多くて、皆さん紳士的に手こきプレイを楽しまれているようです。お…

風俗の仕事で幸せになれる人は?風俗はセーフティーネットになれない。という話。

よく「誰のために仕事をしてるんだろうな」と考えることがあります。 もちろん自分のためは決まっているのですが、もう少し言い方を変えると「僕の仕事は誰のためになっているんだろうな」という感じです。お客様のためといえば100%そうは言い切れないし、…

名刺と意志あるブランドづくり。という話。

新しい動きが出てきたので、名刺を作り直すことにしました。それに合わせて4年ぶりに新しい名刺入れを購入しまして。久しぶりにとても良い買い物ができました。名刺入れ持つのなんて久しぶりです。ちなみに買った名刺入れは“マザーハウス”さんのもの。これ…

風俗業界辞めたいと思ってる?という話。

たぶん今の風俗業界には“旧世代”と“新世代”的な人達がいて、これからの業界の歴史の中では30代~40代の男性がちょうど“真ん中世代”になるのではないかと思っています。僕は“新世代寄りの真ん中世代”。まだこの業界5年目ですが、ここ15年ぐらいの風俗の歴史で…

雪だったけどみんなありがとう。という話。

11月の雪が54年ぶりって、東京意外と暖かいんですね。今日は久しぶりに雪を見てテンションあがりました。実は北のほう育ちなので雪とか嬉しいです。どうせなら積もるぐらい降ってくれれば良かったのに。。。なんて言っていると、「そんなのダメだー!」とス…

風俗広告大賞をつくってみては?という話。

現状の風俗の広告って、正直つまらないな~と思います。まだまだ自分の店も含めてです。現在の法律上、路上での客引きやチラシ配りなどの広告はできませんのでしっかり守っている風俗店ほど、雑誌やWEBサイト、ネット上での風俗メディアが集客や求人のカギな…

チャンスにブレないように。という話。

思いもよらない話が出てきまして、今日まで数日間少しバタバタとしてしまいました。無事落ち着いて良かった。順調に物事が決まったかと思うと、大きなチャンスに自分の姿勢を問われているような、今後を試されているような話が舞い込むことがあります。風俗…

風俗経営のオープンソース化。という話。

風俗店は普通の会社よりも経営状態が見えにくいイメージを持たれていると思います。中には「怖い人たちとつながってるんじゃないかな」とか、「法律違反をしているんじゃないかな」とか、様々な憶測や誤解も受けやすい業界です。ですが風営法を守っていない…

熱さとお金の使いみち。という話。

昨日11/18日はとても良い出会いがありまして、今後が楽しみになるお話ができました。まだ市場がシード期ならではの事業への熱さとか、小さいコミュニティの密度とか、久しぶりにそんな雰囲気が感じられた出会いです。今後面白いことができそうだな〜というの…

2.5次元風俗の可能性。という話。

最近、今後現れてくるであろう、『2.5次元風俗』についてよく考えています。2.5次元風俗とは僕が最近思いついた概念なんですが(もしかして既出?)「VR等の映像技術を用いて、拡張した(もしくは別空間に没入した)イメージで性的サービスを受ける風俗」です。…

風俗業界の“寛容さ”が好きです。という話。

月に一回、グループ全体でミーティングを兼ねた食事会「全体会」をやっているのですが、実は先日そこで一旦仕事をボイコットしてしまったスタッフの“禊(みそぎ)”が行われました。“禊” といっても変わったことや怖いことをするわけでは無くて、飲み会の席でみ…

続・続かない日記を、書いてきた。という話。

ブログを始めた1年半?前ぐらいに今まで続かない日記を書いてきたという話を投稿しました。このブログが本格的に稼働したのが約4か月前。ついに、100記事目を書くことができました。(この記事です)今まで日記やらブログやら手帳やら、ライフログを書くとい…

どうでもいい仕事術、手帳が使えない。という話。

手帳が使えない人間です。(突然ですが)今何か予定があると、特に隠したい予定も無いので会社のカレンダーに書くようにしています。1日1~2件しか主だった予定は入れません。(面接は別です)昔は営業やっていたので大きなかっこいい手帳を買って、1日でた…

手こきカラオケを1年半続けた結果。という話。

意外だったのですが『キニ速』という結構知られた話題のまとめサイトに、当店が「手こきカラオケコース」を設けていることがまとめられまして、先日のSPA!に加えて新規のお客様が増えているので、ザワザワしています。こういった流れでご紹介いただいたり、…

遅刻しがちな人に読んで欲しい気持ちの話。という話。

今日は開店作業を任せたスタッフが寝坊しまして、僕が数時間早く出勤して開店作業をするという事件が起こりました。いつまでも社長出勤ができない私です(笑)当然ですが風俗業界においても遅刻は厳禁です。特にスタッフの遅刻はリカバリーが効かない信用ダウ…

その“ひと言”を探して。という話。

すごく勉強になるお話を読みました。いつも拝見しているブログの記事です。こちら↓↓ waterman.hatenablog.jp 読むと分かるのですが、とても分かりやすい事例です。以前「風俗業界には自分の言葉が足りない」という記事を書いたことがあったんですが、まさに…

ひとつの風俗店なんて、政治や景気に影響受けないよ。という話。

トランプ氏が米大統領になるという大逆転劇をみて、改めて民衆の力って大きいんだなぁと感じる次第です。きっとメディアを作っているようなハイクラス層以外の人からの投票が多いんでしょうね。すごい。と、今日は便乗して政治ネタから入ってみましたが、そ…

ZIPWORKという働き方。という話。

今年からリクルートが始めたらしいZIPWORK(ジップワーク) という制度に注目しています。こちら www.recruit.jp 基本的に育児や介護でキャリアを諦めなければならなかった方向けにその専門性を活かして働いていく制度のようですが、この「専門職に限定して、…

正解にしていく力。という話。

風俗のお仕事も決断の連続です。どのキャストさんをお客様へご紹介するか。今日は何のキャンペーンを適用するか。どんな言葉をかけるべきか。電話番の仕事一つ取っても、一度に多数の選択肢と決断を迫られます。この“決めていく”という作業が、思いのほか疲…

休日出勤。という話。

基本的に、日曜日は休日をいただいているのですが、比較的よく出勤しています(笑)現場の様子が気になったり、面接が入ったりとやはり世の中の休日はいろんなことが動きますよね。サービス業なので。ちなみにブラック労働というわけではありません(笑)風俗店…

ウツワとお金。という話。

前に「経営者のウツワ以上に会社は大きくならない」なんていう言葉を誰かのどこかの言葉で聞いたことがあるのですが、ちょうど今自分の体験も踏まえて“本当にそうだなぁ”ということを実感しています。赤坂の売り上げは本当に徐々に、徐々に伸びていったので…

意思をもつ難しさ。という話。

最近新しいお店をつくろうと思案したり、歩き回ったりしています。新コンセプトをやりたいのですが、なかなかうまく進まないものですね。今回は僕が現場責任者ではない形式を取っていこうと思っているので、余計に難しい。新店長候補のスタッフはすごく信頼…

2016/11/2の話。という話。

久しぶりに次の展開に向けて、「あぁ、ちょっと進んでるな~」と思える1日でした。閑散期ではありますが、“ちょっとヒマ”なもどかしさと戦ってくれているチームメンバーに感謝。やっぱりアイディアどんどん出して、周りと話していくのが大事ですね。行き詰…

10月も終わりだな~。という話。

世間のハロウィンパワーはやっぱりすごいようですね(笑)10/31は諦めるほどではないですが、あまり売り上げの見込めない日ということで覚えておきます。渋谷の人混みの写真、戦慄を覚えますね。楽しそうだけど。よく考えたらクリスマス、バレンタインなど1年…

来年の10月にむけての備忘録。という話。

今日28日(金)はいきなり東京が極寒になったためか、お店の売り上げも少しお寒い様で。月末金曜日なので、それほど悪いわけでは無いのですが、キャストさんのメンバーも良かったので、気候がよければもっと爆発しても良かったかな~という印象。そこでふと気…

リアル風俗とバーチャル風俗と言われる日。という話。

先日プレイステーションVRが出たあたりから、それ以外のVR市場も盛り上がっているようで、オキュラスリフトなどソフトの開発規制がゆるい機種ではアダルトVRソフトも続々(期待が)大型のタイトルが開発されているみたいです。しまいには、うちのオーナーも(基…

こころの渇き。という話。

ついさっき(深夜3時ぐらい)までスタッフさんと話していました。話せば話すほど楽しくて、これからのお店の取り組みや、今後の未来像まで、実のある話、妄想の話で充実した時間を過ごすことができました。普段営業時間中だとなかなか落ち着いて話せないですし…

アダルトとクラウドファンディング。という話。

アダルト業界にいて一番困るのが「資金調達」です。もちろん人材確保や、規制、倫理問題などいろいろあるのは間違いないです。ですが、資金調達においては銀行からお金を借りることが多分不可能なので、他の問題よりも解決のハードルが高い。開業したり、開…

求人が鈍化するときは、成長が鈍化するとき。という話。

スタッフ求人もキャスト求人も、最近総じて少し苦戦をしています。なかなか思うように人が集まらない。面接をしてもピンとこない。という時期が続いています。ピンと来ても続かなかったりしてですね。スタッフにおいては求人によって社内体制が強化されるの…

風俗企業がスマホをつくる時代。という話。

最近、今後の事業に向けて考えることも多いこの頃ですが、考えれば考えるほど、これからの風俗業界のカギになってくるのは“サイドビジネス” なのではないかと思っています。もちろん本懐であるキャストさんに良い環境を整えて、良いサービスを提供することは…

自分の言葉で表すために。という話。

風俗業界には“自分の言葉”が足りない。そんなことをふと思いました。近年写メ日記という日記コンテンツが全盛のこの業界では、キャストさんは自分の言葉で、自分を宣伝したり、お客様への感謝の気持ちを日記にしたりしています。言葉が足りないのはお店(会社…

風俗スタッフの労働問題をあまり耳にしないのは何でだろう。という話。

最近、電通の労働問題なども話題ですが、今日スタッフさんに「風俗業界で労働基準局に訴えられたみたいな話って無いんですか?」と聞かれまして、そういえば聞いたこと無いな~と気づきました。僕はこの業界では当グループも含めて、入社する人もグループの…

同じイベントを2年間やり続けた経過。という話。

改めてなのですが、『かりんと』という名前のお店をやらせていただいています。一昨日、10月10日は月一のイベントの日でして、沢山のお客様にお越しいただけました。ありがとうございます。この月一のイベントですが、店名にちなんで「かりんとの日」といい…

スタッフの年収が人材層の厚さを決める。という話。

面白い記事を見かけまして、考えたので少し駄文を。 CTOの年収はいくらが妥当? 元楽天・安武氏が語る、ストックオプション・持ち株比率の問題点 - ログミー 最近のIT業界ではCTOが組織のNo.2~3ぐらいである場合も多いと思うのですが、立ち位置としてはひと…

新しいスタッフ福利厚生を導入しました。という話。

タイトルのまんま、新しいスタッフの福利厚生を考えて、早速導入してみました。ずっと風俗業界での新しい働き方や制度について、ここ数カ月あーだこーだと考えて書いてみたのですが、 なんか考えてばっかりで結局やらなかったら、ただの意識高い系だなーと思…

本を読んだ刺激。という話。

昔から読書が趣味でして。本ならジャンル問わず読んでいるのですが、ここ最近はつい買ってしまった、堀江さんの本で刺激を受けました。 なんでお店が儲からないのかを僕が解決する 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ぴあ 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行…

10月を迎えて、これからの動き。という話。

肌寒さを感じてきましたね。いよいよ年末へ向かうという感じがして、勝負の繁忙期を迎える側としては気を引き締めていきたいところです。お陰様で、9月も目標としていた数字を達成することができました。頑張っていただいたスタッフ・キャストさんや、お越し…

僕らが旅に出る理由。という話。

秋だからでしょうか。「僕らが旅に出る理由」という歌を最近よく聞いていました。僕は世代の方より少し下なんですが、小沢健二さんの名曲です。 小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」 PV 初秋を思わせる歌で、遠くへ、遠くへ行きたくなる歌です。先日取材をいた…

風俗は目的のショートカット。という話。

ありがたいことに、業界の新しい男性求人メディアに取材をいただけることになりまして。普段考えていることをいろいろとお話できればと思っています。個人的にとても好きなメディアさんなので嬉しい&楽しみなのです。取材日が目前なので、少し自分の考えも…

「カネ儲け」がしたいんじゃない。という話。

「cakes」というサイトが前から好きでよく読んでいるのですが、少し前に読んだ堀江貴文さんの連載で、今までの気持ちが腹落ちした表現があったのでひとつ。この記事です↓↓ cakes.mu 堀江さんはちょうど僕が学生の時にライブドアの動きがすごくて、事件直後は…

「結果にコミット」がカギだと思うんだけどな。という話。

ふと思いついた待遇がありまして。「結果にコミット採用」という制度です。もちろんまだ実施していませんが(笑)そう、ライ〇ップが発想元です。例えば「世界一周してみたい」という夢を持っている人がいたとして、1年ないし2年間スタッフとして頑張ってい…

理論とガッツ。という話。

昨日書いた話と並行して、昔の口癖を思い出しました。とりあえず、もし昨日の話にご興味があれば↓↓ nishiara.hatenablog.com さて、そんな原点の想いを思い出したのが“大学時代”の思い出話だったのですが、同時に当時の口癖も思い出しました。当時よく言って…

原点。という話。

最近少し覇気なくふわっとしていたのを察して、先日スタッフさんがご飯に誘ってくれました。本当に優しいなぁ。ありがとうございます。そんな飯会の最中に、ちょっと昔話をしたら、大切な原点を思い出しました。正直ずっと忘れていた、大切な原点。忘れない…

009 いつかのための書置き。

何で気持ちを考えられなかったんだろう?と後悔が止まらないことがある。何で言ってしまったんだろう?と思う言葉がある。すぐに伝えられなかった「ごめんなさい」もある。溜まった仕事のようにエゴが積み重なると、どこから間違えてそうなってしまったのか…

言葉にならない。という話。

なんだか言葉がうまく出てこない。求人向けの文章や、キャッチコピーなどを考えているんですが、せっかく集中できるように場所変えて作業させてもらっているのに、不甲斐ないです。台風が多くて気圧の変化なのか、微妙に体調悪いのも気になるところ。お店に…

それは野暮ってもんだぜ。という話。

割引がきかないなら利用するのをやめる。それは野暮ってもんだぜ。自分が時間に遅れているのに、キャストの入室時間を気にする。それは野暮ってもんだぜ。スタッフのおススメを無視してランキングばかり気にする。それは野暮ってもんだぜ。最短コースでやた…