風俗の社窓から

風俗経営者にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

業界初⁉か「オンライン会社説明会」開催します!という話。

歳末いかがお過ごしでしょうか?
今年は思いっきりクリぼっちになりそうなにしやまは、今日も仕事に邁進しております。クリスマスの雰囲気もなんのその。浮かれるのは店のイベントで十分だぜ!ってなもんです。

さて、そんな年末、来年はどんな年になるかな~。
ぶっちゃけ転職しようかな~。
あ、風俗スタッフとか前から気になってたんだよな~。
と思っている方も多いことでしょう。

そんな皆様のために、
好評だった前回に続きまして、

FENIXJOB様にご協力いただく初の試み。

12/27(水)23:58~
『オンライン会社説明会』を開催致します!

f:id:nishiara:20171222191254p:plain


当日の映像リンク先はこちら(27日まで何も見れません)

かりんとにしやま のライブ ストリーム - YouTube


深夜に行う、オンラインで手軽に、もちろん無料で見られる『会社説明会』です。
ただの会社概要だけでなく、もちろん風俗で働くリアルさや、働く人の雰囲気、今後のビジョンまでざっくばらんに語りたいと思います。

【配信内容】
〇かりんとグループの沿革とお仕事概要
〇待遇と給与プラン
〇現状と今後の展望
〇風俗業界で働くことのリアル
〇質疑応答

チャットやTwitterを利用した、リアルタイムでのご質問も可能です。

風俗店の情報はまだまだ見つけにくい、聞きにくいことが多々ありますので、実際面接を尻込みしたり、採用されるかもわからない状況で履歴書を提示したくなかったりする場合も多いかもしれません。
そんな方にこそうってつけですので、ぜひご覧になってみていただければと思います。

配信は1時間程度を予定(時間無制限なので盛り上がったらもっと話すかも)。
後日アーカイブ動画でフル版も見られるので、気軽にご参加下さい。


この取り組み、もし良かったら業界でもっと増えればいいのになと思います。しっかり情報開示してやるなら、パクリ大歓迎。これから情報オープンで求人できるアダルトの会社が勝っていくでしょう。皆さん一緒に情報発信していきましょう(業界向け)。

よくよく考えたら、新卒求人とかで何千人とホテルとかに足運ばせて、偉い社長が話すだけなら、説明会全部オンラインにすればいいんですよね。アーカイブするかも自由だし。恐らく、これはやろうと思ったら各社独自で整えなければいけないので、一般有名企業の規模でやろうと思うと大変なのかな。
だからこそ小規模のアダルト会社から、求人市場に対してこういう取り組みができると面白いんじゃないかなと思って今回企画してみました。

当日後、どんな反応が返ってくるのか、今から楽しみです。
詳細は下記FENIXJOB内『かりんとグループ』のページの下部「備考」欄をご覧ください。

fenixjob.jp


ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note

easyじゃなくてearly。という話。

かりんと池袋を開店してから3週間。

なかなか思うようには売り上げが伸びないもので、時期もありますが、少し長めに期間戦略を考えて早めに伸ばしていこうと思っています。
スタートダッシュはちょっと失敗でした。

ここからの仕掛け、そこそこ面白い計画なのでぜひ注目して欲しいです。

「お店を作る」「稼ぐ」っていうのは、何度やっても簡単ではないものですね。

風俗でのお仕事はよく「簡単に稼げる」と思われている節があります。特に男女とも求人で来られる方の中には表には出さなくとも、実は内面で風俗の仕事を“下に”みている節がある方がいます。

ただ、ここで思われている“簡単”には、求職者の方と採用側の意識で実情とのギャップが少しあります。
×「簡単=仕事が楽」ではなくて〇「簡単=ノウハウがシンプルで覚えやすい」という話です。だからこそ、そのギャップを感じたときに「あれ?思ってた風俗業界と違うぞ」と思われ辞められやすいという弊害も。

だからeasyじゃなくてearlyだと思ってもらえれば良いと思います。

風俗は「楽して稼げる仕事」ではなくて、「ノウハウを覚えて稼げるようになるまでが早い仕事」です。

そんなに仕事が簡単ではありません。シンプルだけど、奥深い。
別に一気に大金が稼げるようになるわけでもありません。
だけれど、リスクを取って開業するという選択を除き、普通に考えて「未経験の仕事に入って3年ぐらいで年収1,000万円稼げるようになる可能性って人生にどれぐらいあります?」という話なのです。

その意味では難易度も加味すると“人生コスパが良い”仕事かもしれません。

一筋縄ではいかないけれど、先の自分の可能性を探って。
懸けてみるのもいい仕事ですよ。

そんなことを思っています。

ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note

そして、池袋に戻ってきた。かりんと池袋オープン。という話。

ブログを書いたのがつい1ヶ月前だと思えないぐらい、慌しさで過ぎてしまいました。
街からも“もう年末かよ”っていう感じが漂う先日11月25日、新しく代表を努めさせていただく「かりんと池袋」と「池袋添い寝女子」をオープンさせていただきました。

一刻も早く軌道にのせたいので、お店作りがんばろうと思います。
皆様におかれましても、池袋に立ち寄った際は「あ、かりんとがある池袋だ」と池袋の枕詞に「かりんと」を置いていただければ幸いです。

赤坂店、渋谷店に関しては後輩店長を新代表にした体制でより一層楽しい店づくりを目指しています。
また、、、一人からのお店立ち上げになっちまった(笑)
チャンスがあるのはありがたいことですね。(そろそろ疲れが。。)

今回で新店舗立ち上げに関わらせていただくのは5店目。もうさすがに落ち着きたいかも〜とか思ってはいるのですが、オーナーは新店を9店舗やっていたので、世代交代にしても若造は文句なんて言ってられません。それが10年で業界をひっくり返すためのステップですよね。修行します。

実は池袋という土地には少し思い出がありまして、5年前に風俗の業界に飛び込んだ時に最初の勤務地となったのが池袋、でした。
それまでの僕といえば、田舎の中学生時代にウエストでゲートなパークを見たぐらいの記憶で、「あぁ、ここがそれ!」と田舎者全開の状態でした。

最初のお店は“まさに風俗業界!”って感じで、1ヶ月で社長に断りだけ入れて、逃げるようにやめてしまいました。
まさか5年経ってもう一度池袋に戻ってこようとは。人間の因果とは不思議なものです。

「若い頃に逃げ出したことは、いつかまた向かい合うことになる」とは何かの本の一節でしたが、僕は風俗の人間として、池袋西口に戻ってきました。この池袋で、何かに向き合わなければならないのかもしれません。

また地道に、良い店を作れるように頑張りますので、よろしければお気軽にお越しください。

http://ikekari.com/


ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note