読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

給料はどのように上げていくべきか。という話。

「スタッフの給与をどのように上げていったものか」というのは、経営している上でどこでも一生つきまとう課題かなと思います。
一番大事なのはもちろんバランス感だと思いますが、その“バランス”がこの上なく難しい。

最近風俗の経営数字を見ながら、そんなことを考えています。

よく頑張ってくれているメンバーとはもちろん一緒に稼いでいきたいものですが、あまりに“おいしい話”だけになってしまっても、成り立ちません。

多分給与の昇給に関しては、「タイミング」と「金額」を合わせた「昇給体感時間」が全てな気がします。ぱっと思いついた造語ですが。

社員が不満を持ってから昇給しても「ようやく上がったよ」と思われても損です。逆に「そんなにしてくれるなんて」と是非思わせたいところですが、あまりに大盤振る舞いしていると、維持できなくなった時やある一定ラインに達したときに「最近待遇が悪くなったな」と感じられてもダメなわけです。

ただ、もちろん会社は無限に給与を用意できるわけでは無いので、だから「希望給」に達するまでの期間と、タイミングと、バランスと。見なければいけないと思います。
「高給取りのイス取りゲーム」になってもつまらないですしね。

この辺の実情はnoteとか別にまとめて、もっと深い内情を書いてみたいですね。

新しいビジネスモデルを探りながら、そんなことを考えました。

ではでは。

 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note