読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

風俗の“夢”とは何か?という話。

風俗コラム

先日、、、というか昨年末ぐらいから引越しの話が出ているんですが、頑なに断ることが続いています。
引越しの提案をもらうのは主にオーナーからなんですが、まぁお金もかかることですしちゃんと納得のいった形で引っ越したいと思っています。

その時に「若い奴には夢が必要だから夢を見せてやらないと!」と言われたのがずっと心に引っかかっていて、その時は少し皮肉も込めて「まだそんな夢見せられるほどの立場でもないので」と流したのですが、“お金を稼ぐ、いい家に住める”みたいなのが本当に“夢”なのかと考えてしまうのです。

風俗の“夢”とは何なのでしょう?

もちろん人によって違うとは思うんですが、「大金稼ぐ」「いい家に住む」みたいなバブル型“夢”というか、そういう夢だけでは無いのだと思うんですよね。

全然答えも、主張もない話ですが。

個人的なことを言うと、大金を稼ぐことは目的では無くて、もちろん“お金持ち”にはなりたいと思うんですが、ちょっと稼ぐとかのレベルでは無くて“大勝ち”したいというのが野望です(笑)
あ、ちなみに住むところとか働く場所にこだわりはありません。もちろん綺麗に越したことはないですが、住むところで無理してもしょうがないし。

それよりも考えたおかげで、自分は“楽しいと思うことをしていたい”という欲望が強いことがわかりました。もちろん風俗業界でもそれ以外でも構いません。
もっと言うなら自分自身で「あぁ、オレって今(一般的に見ても)イケてることやってるな」って思っていたいんだと思います(笑)

2度目ですが、風俗の“夢”って何なのでしょうね。

関係者の方も、そうでない方も、仕事の先にある“夢”って何ですか?

ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note