読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

それでも僕は来てほしい。

春に向けて求人サイトの文章を書いている 。

 

今まで初期に制作会社さんに作っていただいたものを使っていて、

じっくりと考えて求人をリニューアルすることが

なかなかできていなかったからだ。

 

そして行き詰まったから、ブログを書いている(笑)

 

僕の業界で、求人は命だ。生命線。

求人にかける熱意は一般企業以上だ。

何と言っても働いてくれる女の子がいなければ、

流行らないどころか、お店が成り立たないのだから。

 

今は昔のような路上スカウト行為も

違法になってしまっているので、

街で可愛い子がいても声をかけるわけにもいかない。

(もし合法でも、多分僕はできないんだけど笑)

 

そんなわけで、

求人を左右する求人サイトの文章は、

とにかく大事だ。

 

だけれど“さじ加減”が難しい。

どんなサービス内容で、どんな待遇で、どんな店でと

店の特徴をアピールする“さじ加減”だ。

 

できれば他店にはない求人文句で差別化を図りながら、

当店の魅力を的確に表したいところだ。 

ところが、99%以上が“お金を稼ぎたい”という目的以外には

門を叩きにくいこの業界は、

この“求人内容の差別化”というのが思いのほか難しい。

 

よくありがちなのが「ウソ・大げさ・紛らわしい」の 

オンパレードの文章。

「1日大○○枚!」「見てるだけの簡単なお仕事!」

「え!?3時間で○○万円も稼げるの!?」

公共広告機構に注意されるまでもないほどのわかりやすさで、

未経験の女の子を惑わし続けている。

 

この手の文章には多少の経験者は

引っかからないという特性を持っている。

女の子も不信感を持ちながら応募してくるのだ。

(改めて書くと変な話だな)

そしてまぁ、単純にやりたくない。(ダマしたくはないので)

 

ちなみに引っかかってしまった女の子は、

70%ぐらいは面接官に言いくるめられてしまう末路が待っている。

(この業界の求人文章のテクニックは″ザル”だが、

面接官の人を言いくるめるテクニックは

一流営業マンに勝るとも劣らないものがある)

 

一方、全てを正直に書いていくと、

先述の誇大広告群に埋もれてしまうため、

肝心の応募につながりにくいというジレンマを抱える。

(単純に稼げる金額が大きく見える方が応募を集めやすい。

人間の欲深さに悲しみを覚える瞬間だ)

 

より稼げる(ように見せている)第一希望のお店へ

面接に行かれてしまうと、

ほとんどが面接官に言いくるめられて

求人市場の女性が減っていくデフレスパイラルだ。 

 

(しかも本当にエース級になれる“良い女の子”は

大体最初のお店で芽が出るのでもう求人市場に流れない) 

 

こんなジレンマを抱えながら、

ああでもない、こうでもない、、、と

求人文章をコネにコネているところだ。

 

正直さと、目を引く魅力、

あと、ターゲット(来てほしい女の子のタイプ)を

どう設定するか。。。

 

考えていると楽しいのだが、

なかなか形にならないのが、もどかしい。