風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

人間性の回復。という話。

最近のテーマというか、命題は風俗業界における「人間性の回復」だと思っています。

この業界はお金のことに捉われがちで、まぁ当然なんですけど、お金を稼げれば勝ちみたいな風潮があります。

その中で求人広告はウソだらけ。お客様の予約を入れるためなら過度なキャスト写真の修正や、騙すことも厭わない。それって大丈夫?というぐらいの値下げ。といった、どんどん人間性を失っていくような施策が“合理的”と捉えられてまかり通ってしまうこともしばしばです。

グレーな業界ということもあるだろうし。古くからの人身売買のようなイメージもあるだろうし。そういった背景が人間性の欠如を促しているのかもしれません。

この業界に“人間性”を取り戻すこと。いえ、人間味溢れるお店だって沢山ありますから、当店もその一つになること。
“稼げば勝ち”がうちの価値観ではないこと。
ちゃんと“その先”を見て人の関わりをしていきたいこと。

それはブレずにいきたいなと、その上で発展させていきたいなと、よく思います。

最近少しだけキャストさんの件で残念なことが起こりました。
うちは“稼げば勝ち”ではないと思っているから。
それに共感できないのであれば辞めてもらうという選択にもなるでしょう。

向き合ってくれるまで、僕がその子をうちのキャストだと思うこともないでしょう。
人間的な話ができるまでは、お客様に案内することもありません。
心のある接客をしてほしいから。
ちゃんと向き合って、いきたいですね。

悩んだって、失敗したって、妬んだっていいんだけど、何でもわがまま放題はいけません。
人間味あったほうが、楽しいですよ。

ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note