風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

春だから、変えてみた。という話。

春になりまして、
今年からキャストさんの求人広告テイストを変えてみました。
↓こんな感じです。

f:id:nishiara:20170409201104j:plain

f:id:nishiara:20170409201115j:plain

旧来のイラスト中心から写真に。
具体的な条件等を記載していた内容から、キャッチコピーだけのシンプルなイメージ広告へ変更しました。

これは前からやってみたかった実験的な試みで、赤坂店のオフィシャルページから試験的に変更しています。
頭の中のイメージから比べるとまだまだブラッシュアップが必要ですが、これがうまくいけば求人広告に新しい方向性を加えることができると思っています。

意識していることは「稼げる」という言葉を風俗求人からいかに排除していくかで、さらに当店の利点やメッセージをどう伝えていこうかと考えを巡らせています。

現状の風俗広告は「稼げる」という言葉に頼りすぎです。

もちろん業界の特性上そうなのでしょうが、何でもかんでも「稼げる」という表現を簡単に使ってしまうから、各お店の特徴も無くなり、「時給〇〇、大〇〇稼げます!」「体入3時間で〇〇万円!」といった嘘の数字の並べ合いになるのです。

逆に「稼げる」を禁止したら。どうやって自分のお店に来てもらおうか、もっと表現が多様化し、特徴も出やすくなると思います。

はっきり言い切っておきますが、当店は決して全国一、都内一稼げるというタイプのお店ではありません。
ただ、働きやすさ、安全さ、キャストさんのことを考える姿勢に関しては絶対の自信を持っています。

これから季節ごとにまた、共感して来ていただけるようなメッセージを打ち出していく実験をして行きたいと思います。

嘘をつかなくたって、たとえ一番稼げるお店ではなくたって、共感したキャストさんが来てくれる「優しい店」を目指して。
現場スタッフ共々頑張ります。

試行錯誤しながら(僕の無茶なイメージ談義に付き合いながら)まず完成まで持って来てくれた店長、ありがとうございました。

ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note