読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

好きなことをやりたいなら。という話。

昔(といってもまだ数年前ですが)、起業していた時に聞いた投資家の方々の「投資判断基準の話」を未だに思い出して、年齢と理想の実力、そして現実とのギャップをできるだけ埋めようと仕事しています。

その時に聞いた話が鮮烈で、お話してくださったのは投資家としても大物な方だったのですが、
投資家の判断の一つとして投資を持ち掛けた起業家が、

10代なら無条件で投資しなさい。 
20代なら人柄を見て投資しなさい。
30代なら人柄とプランが良ければ投資しなさい。
40代ならもう諦めなさいと言いなさい。

という話があるそうです。
もう30代の僕は、もし投資対象としたら人柄だけでは投資してもらえない世代に入ってしまったんですね。。。
みたいなことを考えます。

でもこれは本当に“好きなことをして生きていたい”と思っている人は、ある程度念頭に置く必要があって、結局40代前ぐらいまでにある程度仕事がうまくいって、少しなりとも資本を持っておかないと、“好きなことする”と言っても絵空事になってしまうということだと思います。僕も20代中盤、好きなことをしているつもりだったんですけど、やっぱりお金の面って安定していないと、好きなことって安心して打ち込めないんですよね。だから“40代までに稼げるお金”って、その先のために大事な準備です。

まぁ取り留めもない話なんですけど。
イムリミットを感じながら、頑張っていこうと思っている30歳です。

ではでは。 

 

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note