読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

たとえ優しい風俗店がいらないとしても。という話。

風俗コラム

経験則で極論を言えば、「雑な風俗店」も「丁寧に人のことを考えた風俗店」も売上はほとんど変わらないのが風俗業界です。
たぶん両者で変わるのは継続性ぐらいなんですが、その“継続性”ですら、丁寧にやっているからといって担保されているわけでは無く、逆に“早く稼ぐことが正義だ”と乱暴な運営方針(暴力ではないけれど)を掲げてやっている店も少なくありません。

売上を握っているのは“キャスト人数”“回転率”そして“稼げるお店か”といったこと。数字的な部分を広告などで無理にでも上げることができれば何とかなってしまうという真実もあります。

でも、人を見ていない店の作り方って、なんか寂しいですよね。
やっぱり全員で盛り上がれたり、良いことがあったら祝ったり、辛いことがあったら共感できたり。
そんな店で送っている人生のほうが楽しいです。

昔ながらの店が全部雑なわけではありません。もちろん。良いお店もたくさんあります。ただ、今の風俗業界はやはり“人を見ていない”お店が少し多く感じます。正しくは“人を見ていない会社”かな。

丁寧さや、一人一人に寄り添うことは非効率で必要無いのかもしれません。
でも、優しい店(会社)が1店でも増えることで、今の風俗業界を少しでも変えてみたいという気持ちもありますし、自分たちはそこにこだわってみたいです。
そして少しずつでも大きいことができるようになったとき、この業界にどんなお店が増えているのか、楽しみです。

そんなことを考えた最近でした。

ではでは。 

 

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note