読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

本を読んだ刺激。という話。

昔から読書が趣味でして。
本ならジャンル問わず読んでいるのですが、ここ最近はつい買ってしまった、堀江さんの本で刺激を受けました。
 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 

これです。飲食業界のお店が衰退している現状の原因と解決への考え方を書いた本なのですが、飲食業界と風俗業界は似たような状況にあるんですね。
業界の経営者の方はすぐにお分かりかと思いますが、

〇業界イメージの低さで人が集まらない
〇低賃金化している
〇古い慣習に基づいた店舗経営

など抱えている問題も似たようなものです。
特に人材確保と育成に関してはまさにこの本の通りで業界に当てはめられるかな。

そもそもこの本を買ったのも、帯に書いてあった「人材確保」の項目が気になったから。普段僕は堀江さんのメルマガ会員にもなっているぐらいなので、もちろん目新しい情報は無かったのですが(笑)
こうまとまって読むと、思考が整理されていいですね。

結論、お客様の利便性を高めるための顧客管理とカード決済等の積極導入がひいては運営の問題点の解決にも繋がり、人材確保のためには古い考え方を捨てて、人件費をかけて働く環境を良くしようということです。
カード決済等は自分の中での考え方は消極的だったので、この本を読んで必要性にせまられたというか、感覚が変わりました。
人材確保の件はまさにその通りといった感じですので、人件費をどう考えるかといったこととの戦いでしょうか。
これは僕一人の奮闘でも何ともならないので、できる制度から積極導入して、古い考え方に抗っていきたいですね。

そんなこんなで、また新しい制度考えたら、発表していきたいと思います。

ではでは。