読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

「結果にコミット」がカギだと思うんだけどな。という話。

風俗の未来図 お店のこと

ふと思いついた待遇がありまして。

「結果にコミット採用」という制度です。

もちろんまだ実施していませんが(笑)
そう、ライ〇ップが発想元です。

例えば「世界一周してみたい」という夢を持っている人がいたとして、1年ないし2年間スタッフとして頑張っていただいた方には、渡航費用全額は無理ですが、「世界一周旅行券」をプレゼントする。とか。

要はその人の人生の目標を叶えるサポートができたら、新しい働く価値が見えるんじゃないかって話なのですけど。どうなんでしょう?

今の風俗業界の求人は「お金」や「待遇」に話が向きすぎていて(まぁ、そりゃそうなんですけど)、この競争の先にあるものって「楽して大金を稼げます」って謳う会社の我慢比べのような気がしています。

だからそうじゃない価値を見出すことができたらいいなぁと思うんです。

ただ、もしこの「結果にコミット」を謳う場合、何が「結果」なの?という問題と、誰がコミットするの?という問題が出てきます。
何人の、どんな希望を叶えるのか、とかもですね。

先述の「世界一周したい」みたいな目標は分かり易くてキレイすぎる目標なので、何なら僕がコミットして、達成社員には個人的に買っても良いぐらいなんですけど、例えば「月〇百万円目指してます!」みたいなのは目標になるのかという事や、達成可能そうでも相当な努力が必要な(何なら運やチャンスとの巡りあわせも必要な)目標にはコミットできないという問題も出てきます。人数多くなってくると、僕だけじゃ責任持てないな。とか。

そんなこんな考えながら、新しい形式の組織を作っていきたいんですけどね。
難しい。

大事なポイントはうちに入ってくれた人の人生に、良い影響があったら良いなっていうことで、それを形にしていくためには「結果にコミット」がカギだと思うんだけどなぁ。。。

引き続き考えてみたいです。

ではでは。