読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

noteとの使い分け。という話。

最近ブログを書くことがクセになってきたというか、逆に書かないことに違和感を感じてきたのが、自分の中で良い傾向だと思っています。

今まで散々続かない日記を書き、ブロガーに憧れ、社長ブログ的なものを始めて続かなかったのにも関わらず、大きな進歩です。
このブログを真面目に書くようになったのは、それほど大した動機でもなかったので、人間、気合いの入れ過ぎは良く無いなと改めて思う今日この頃です。

さて、「note」というサービスがあって、リリースされた時から登録しています。

note.mu


「表現したい人」向けに作られた、とてもとても良いサービスで、思想込みで好きなのですが、あまり活用できていませんでした。

このブログ書き始めた時は、同名のマガジンを作って同じエントリを書いていたのですが(少しでも目に届く方が増えたら良いなと思って)最近転載するのが面倒になってしまって(笑)

意思の弱い人間です。

これからはこのnoteも上手く使って風俗の社窓からの風景を伝えられればと思うので、どうしていこうか思案しています。

例えば
・ブログで書かない裏話を投げ銭制でちょっと書いてみる
・詩を書いてみる(笑)←最近、詩やエッセイを読むのにハマったので。
・風俗を題材にした短編小説を書いてみる←そんなヒマに仕事しろよ。
・風俗での儲け方を書いてみる←これ書けるけどあんまり好きじゃ無い。

みたいな感じで書いてみようかなとか。・・・とか。

まぁ本来の仕事の合間になので、本当に書けたら良いなっていう程度です。

最近少しずつ読んでくださる方が増えているようで、恥ずかしいですが嬉しいです。同業の方で、「話が合いそうだな」と思ったらぜひ気軽にお声がけください。
この業界の未来を一緒に考えてくれそうな人と積極的に仲良くなりたいので。

noteの企画も含めて「こんなん書いてよ」というのがあれば、それも積極的に受け付けます。TwitterのDMが嬉しいです。

今度ブログ用の連絡メアドでも取ろうかな。
そんな日曜の夜の、与太話。

明日も週頭から楽しみな予定が入っているので、来週も頑張りましょう!

ではでは。