読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

お店、好き?という話。

風俗業界は慢性的な人不足です。間違いなく。

デキる人が続きにくいというのもありますし、多分現状起こっている問題としては、スタッフ募集できる余裕があるグループが少なくて、ただ、勢いのあるグループはどんどん出店していくため、出店ペースにスタッフ数が追い付かないという状態なのだと思います。当グループも例にもれず、ただ有難いことに多分後者でして、出店ペースにスタッフ数が追い付いていません(笑)
よく飲食業界なども人手不足と聞きますが、やはり実店舗を運営していく形式のお店だと、人材確保が大変ですね。

さて、その飲食店関係のあるお店の話で、人が少なすぎたために過労で入院する話や、アルバイトの子がみんな「もう辞めたいです~」と言いながらとりあえず店の運営のために耐えている話を聞きました。
でも、店舗はその状況でも増え続けるんですよね。

これウチも気をつけなければいけないのですが、ある程度軌道に乗ったお店がいくつかあると、人は集まっていなくても、新店を開店できる資金が貯まります。その為、経営サイドはどんどん新店作りたくなるのですが、運営サイドの人員が足りなくて業務パンクを起こすという“開店シンギュラリティ”に陥ることがあります。(←言葉のニュアンスぐらいしか合ってないけど)人の能力を超えて、開店ペースが早まり続ける状態です。

こうなってくると、巻き込まれた社員は業務過多で疲弊して、辞めたくなるんですね。
でも、この「みんなが辞めたいと思っている状態」で会社を運営していくのって、辛くないんでしょうか?
何で得た利益を社員の待遇や厚生の充実より、事業拡大に向けるのでしょう?

創業当初から売り上げや利益など会社の数字も大体全般見ているので、あまりに待遇を良くしすぎると事業縮小した際の経費リスクが高くなるのも分かります。
まぁ、バランスなのだと思いますが、個人的には人ありきで、ゆっくり成長していきたい方なので僕が一番嫌いな事はスタッフもキャストさんも「お店を辞めたいと思いながらダラダラ続けている状態」です。
その状態は辛い。

やっぱり働いている場所にはどんな業種であれ、少なくとも少しの誇りは持って欲しいなと思ってしまいます。

だから事業拡大よりも、厚生を充実させる派なのですが、、、
デキる経営者の方々はどういう考えなんでしょう? 

また改めて考えをまとめたいです。

ではでは。