読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

花火と風俗。という話。

つれづれ 風俗コラム

今日は隅田川の花火大会の日。

暑くてもったりとした、磯の香り混じりの夏の空気でしたね。

 

真夏の匂いも、花火もとても好きです。

花火が見える家に住みたい。

あぁ、浮かれたい。。。

 

そもそも花火大会の日は風俗店にとって、“準備に気の抜けない1日”。

 

まず当日の夕方~夜は人が来るか、博打です(笑)

神のみぞ知るって感じですね。閑散とする日もあれば、混む日もあります。

世間(東京都内)に人は混み合っているのに、

自分のお店に来てくれるかは全く分かりません。

 

しかも女の子は「花火いきた~い」ってなりますし、彼氏と出かける可能性も高いので、確率的に人数が集まりにくい日となります。

お客様の為にシフトをとるスタッフは、実は大変です(笑)

 

昔から、火事と喧嘩は江戸の華といったものですが、

“花火”と“風俗”も江戸っていう感じがしますよね。

隅田川の花火大会は1733年の江戸の中期に始まったらしいですし、吉原にはじまる風俗のイメージは個人的に“ザ・東京”です。

 

風俗も花火と同じように、“粋”でいたいなと思います。

花火大会の中、今日は多くのお客様のご来店に感謝。

 

とりとめのない文章ですが(笑) 

感覚を共有して下さる方がいれば幸いです。

 

300年前の吉原のお姉さまも、

今日は花火を、見上げたのでしょうか。 

 

ではでは。