読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

第2・第3のヒット、進化し続ける。という話。

お店のこと 風俗の未来図

赤坂でも道を歩くと「ポケモンGO」のトレーナーさんだらけです。

 

おそらく知らない人同士だと思いますが、

“ポケストップ(アイテム入手ポイント)”の周りは、

サークルか何かの集会かというぐらい人に溢れています。

 

そもそも僕は、アラサーでポケモン初代の世代。

もちろん初日ダウンロードしましたよ。

今回のブームはうぉぉぉぉ!っと少し熱くなるものがあります。

 

初代ポケモンの思い出といえば、

当時ゲームボーイゲームボーイポケット2台持ちだったので、

赤・緑両方買って、通信ケーブルでセルフ通信して、

御三家(ヒトカゲゼニガメフシギダネ)をコンプリートしてたのが懐かしい。

えぇ、節操のない、コンプ欲求の強い子供でした。

もちろんソフトを手に入れたのは発売日です。

(期待値の高いソフトだったけど、世間のブームよりはだいぶ早かった)

 

初めて対峙したときは、ミュウツーマスターボールじゃないと捕まえられないのではと錯覚していました。

しかも貧乏性だった僕はマスターボール1個しかないから使いたくないという(笑)

手段と目的を取り違えた少年時代でしたね。

 

その後、遅れてきたブームの中、

年下の小学生からは「ポケモン知ってる?」と言われイラッとしw

金・銀の時代にはもう熱が冷めて。。。(ごめんポケモン)

ルビーとかサファイアとか見て「へー」って鼻ほじってました。

(意外とそういう方多いのでは?)

 

最近では妖怪ウォッチに当時の面影を重ねてみたりね。

 

まぁ、そんな長い思い出話はどうでも良くて。

今回このブームはまさにAR(現実拡張)に対応した、

新しい遊び方に進化させたところですよね。

「誰もが考えた世界が目の前に現れた」

という状態なんだと思います。

 

この“進化し続けること”は事業継続のために絶対必要です。

進化というか、第2・第3のヒットを生むということですね。

今回のポケモンGOは、「ポケモンというコンテンツを主にした第2のヒット業態」です。

 

今日もスタッフ間で話していたのですが、

実は当店のような“オナクラ業界”の中でも栄枯盛衰があり、

15年前ぐらいに東京No.1だった名店も、

低価格化の波に押されて、今は苦戦を強いられています。

 

“オナクラの名店”という看板はあるのですが、

なかなか次のヒット店が生まれず、じり貧に見えます。

(それか、他に系列に見えない店舗持ってるのかな?どうなんだろう?)

 

変わって現在“大手”と言われる巨大グループは、

創業業態に加えて、第2・第3のヒット業態を生み出しているんですよね。

 

風俗業界において「値下げ」や「新コースの発表」はマイナーチェンジであり、

もちろん大事なのですが、

オナクラ店が新しくエステを始めたりといった「業態開発」が、会社の成長にはさらに重要です。

 

ポケモンも数々のマイナーチェンジを繰り返し、

「もう時代は妖怪ウォッチなんじゃねーか」とか言われながら、

今回の新ヒット業態にたどり着いたわけですよね。

 

私たち、かりんとグループも創業店「かりんと」は、

今年春で5店舗まで増えて、そこそこ勢いがありますが、

きっとこの第2・第3のヒットの壁にこれからぶつかっていくのでしょう。

 

今、赤坂から新しい業態の開発を目論む僕としては、

このポケモンGOに元気をもらって、

また頑張っていきたいところですね。

 

あ、帰りに初ポケモンジム行ってみよ。

今Lv.7です。

 

この勢いで、スタッフもGETだぜ!!

興味がある方は話だけでもぜひ。

求人情報はこちら

もしくはこちらに直接。

rct@akakari10.com

0120994963

 

ではでは。