読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

風俗業界とスタッフ求人。という話。

風俗コラム お店のこと

風俗業界は、とても人材難です。

 

今年(2016年)春から当グループも5店舗体制になり、

本格的にスタッフ求人が追いつかなくなってきました。

 

現在、多店舗展開中の大手グループを筆頭に

スタッフ求人&育成は困難を極めています。

 

風俗業界の求人広告は、

効果が出るものも2つ3つぐらいしかないので

本当に“待ち”の体勢になってしまいがちです。

しかも待っていても、来ないわ、来ないわ(笑)

 

入社するほとんどの方が、縁故・知り合い。

一般募集で転職してきて欲しいのは山々なのですが、

現在の風俗業界に一般転職してくるほどの魅力が

薄れていることも事実なんですよね。 

 

僕も経験していない世代なので何とも言えませんが、

ひと昔前なら「お店をつくれば儲かる」という

時代があったらしいです。

だから脱サラして一財築いた人や

小金持ちになった人が今も少なからず有名店に残っています。

 

ところが今は、世の中の不景気と

雨後の筍のように増えたお店で供給過多の状態です。

 

当然お客様は少なからず分散するので、

各店の売り上げは減少。スタッフの待遇も上がりにくい。

休みは少なく、スタッフ数も少ないのでオーバーワークになりがち

なのに稼ぎにくい?

“業界入りすれば高収入”といった“風俗ドリーム”はたぶんもうありません。

 

ただ、 この業界の良いところは

“普通の仕事よりも稼げる”ではなく、

“普通よりも早く昇給する”ところにあります。

 

通常、よほどの業績を納めない限り

半年で給料が初任給から倍になることも、

何なら毎月2万円とか上がっていくこともまず無いでしょう。 

 

そこから本当に“稼げる” かは本人の成長次第だと思うのですが、

まぁ、何の仕事でもそうですよね。

 

だからこの業界は“一定の給料を手にするまでが早い”のが

何よりの特徴です。

他にも魅力は沢山あるのですが、それはまた別の投稿で。

 

さて、僕個人の希望ですが、

そんな人が集まりにくい業界状況でも、

やはり誰でも良いわけではありません。

 

これから風俗業界でしっかり稼いでいくためには

・少数精鋭型店舗で“最適規模”を目指していくか

・通常の組織経営で福利厚生を充実させていくか

(後者はひとりひとりが稼げる感じではありませんが)

どちらかの方針を取っていく必要があると思っています。

 

僕が目指すのは前者。

少数精鋭、というか精鋭でなくとも 、

一緒に成長して、

チームとして楽しく、

高水準のライフスタイルを確立していけるような

会社を目指していきたいです。

 

現在新メンバーも募集中です。

よかったら見て下さいね。

当グループ求人情報はこちら

 

なんか、意識高い系だな(笑)

ではでは。