読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

連休が嫌いになる病。という話。

職業病ともいうべきか、

店長病とでもいうべきか、

ここ数年連休が嫌いでしょうがないのです。

 

サラリーマン時代、あんなに希望の言葉だった

「連休」。

これが今は悪魔の期間に思えてきます。

 

なぜなら、連休はお客様が少なくなるから。

(うちのお店は赤坂や神田などのマイナー地域なので)

女の子も家族や友達と予定が入りやすくて

お店として人数が揃うかどうかすらドキドキします(笑)

 

ひとりひとり女の子に、

「今週末どうかな~?」

「連休のうちどうか1日だけでも!」と

懇願してメンバー集めているわけですよ。こちらは。

 

正月の連休に始まり、

各種3連休、

もうゴールデンウィークやシルバーウィークなんて

ひとつも輝かしいものには見えません。

 

世間のハッピーマンデーは

どう考えてもアンハッピーマンデーです。

 

特にこの業界では

飲食店のように材料の仕入れなども無いので

営業したらした分、会社としてはお得。

だから年中無休なのですが、

といって地域の閑散に合わせて

売り上げを“ハズす”(悲惨な結果になる)ことはしたくないわけです。

店長や経営者としては。

 

耐えがたい辛さの連休問題。

月極めの仕事だったらどんなに

お休みが嬉しいことか。

 

早くそんな悩みと決別できる

グループレベルになりたいものです。

 

そんなことを考えた、新年の3連休でした。