風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

仕事ブログと個人ブログの違いは“弱音”にある。

絶対にそう。という話ではなく、

自分の中で“そうだな”と納得いった違いです。

 

このブログ以外にも仕事でブログ記事を書くことは多々あります。

いっそどれかのブログに一本化しようかな~と思いつつ、

一本化してしまったら書けないタイプの記事がある感じがして、踏み切れませんでした。

 

別にプライベートなブログでも、仕事のブログでも、

会社の悪口とか別にないし、

宣伝ばかりを書く気はもちろんありません。

 

なんだろなぁ~、

なんだろなぁ~、

怖いな~、怖いなぁ~っと思っていたら、

その“書けないタイプの記事”の正体は『弱音』だということに気づきました。

 

『弱音』にも悩み、苦しみ、過程、ただのネガティブと

いろいろなタイプに分類できます。

まぁ、ただのネガティブはもとから書く気が無いとして、

この“書かないタイプの記事”は『悩み』にあると思うのです。

 

仕事のブログはやはり目的が“集客”にあります。

特に僕らのような仕事の場合、

店でブログをやる以上、最終的にそこにつなげなければいけない。

 

その中で、店を運営するための『悩み』は

健全な葛藤と解釈されて「真面目なお店だな」と取られる場合もありますが、

結局「こんな悩んでいるうち、マトモでしょ?」とか悩みをネタに

お客様の来店でその悩みを解消したいという、

言ってみればメンヘラっぽい集客方法に感じるのです。

 

よく風俗業界に働く女の子のブログでも

お客様来ない悩みをブログに書くことで「大丈夫だよ」とか言ってくれる

お客様が来てくれるという手法があるのですが、

僕はそのやり方が嫌いです。本当に。

 

身一つのサービスレベルがものをいう業界で、

精神的な不安をネタに集客をするというのは

要は不完全な状態の悪い商品を提供することにつながってしまいます。

 

同情票ほど悲しいものはありません。

 

だからそういう悩みは仕事ブログには書けないんだな~と

心の中で納得しました。

 

お店のブログにバシッと書くなら、

まるでAppleのように開発過程も見せることなく、

美しい製品をどどーん!と発表したいものです。

 

我ながら分かりにくいたとえでした。

 

ちなみに全然関係ないけど新型Macbookはすごいです。

見れば見るほど良く見えてくるのが、

macのすごさですね。

 

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

 

 

まだ買ってないけど読んでみたいです。

 

余談になってしまいました。

 

いいか。個人ブログだし。