読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗の社窓から

赤坂の風俗店長にしやまのコラム・日記・雑記。お店のこと、今の業界のこと、風俗の未来のこと、色々考えてみてます。

トイズマガジン様に秘密を明かした。という話。

先日「トイズマガジン」様(http://toysmagazine.net/)に取材をいただいた記事が昨日公開されました。ありがとうございます。

またしても「かりんとVR」の記事なのですが、実は今回も過去にいただいているインタビュー内容とはまた違った趣となっています。

日本初!! “本物の”VR風俗店「かりんとVR」代表にインタビュー – トイズマガジン


今後のコンテンツを増やしていくときの考え方など、今まで秘密にしていた内容を語ってしまっています。
ちょっとライターのもちづきさん(@kyan__tama)と話させていただいたら何だか楽しくなってつい(笑)

こういう時こそ幽遊白書の蔵馬の教えを思い出したいものです。
「切り札は先に見せるな。見せるならさらに奥の手をもて」
と。

僕に奥の手があるかどうかは、、、

お楽しみです。

ではでは。

 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note

2周年になったらしい。という話。

このブログを開設してから、今日で2周年になるらしい。
まったく意識していたわけではないので、何も感傷に浸る部分はないのですが(笑)

ただ、開設してから2年も経っていると知ると随分前から登録していたんだな〜と。本格的に書き始めたのは昨年の夏前からなので、まだ1年も経ってない感じなんですけどね。本来はそれぐらいブログが続かない男です。

文章は読むことも書くことも好きなのですが、どうも書く前に何を書くかを意識しすぎるんですね。たいしてアクセスもないのに、自意識ばかり過剰です。

今は9ヶ月程度ですが、少しだけ続いています。
それは去年の夏にスタッフ採用をするために「発信しなければ!」と必要に迫られたこと。あと、どんな内容でも構わないので、風俗業界で働く人のリアルな心情や状況を書いていくことで、この業界を都市伝説ではなく、日常の地続きに感じてもらうことを目的にしたからです。書く目的って大事。

ちょうど書き続け始めて3ヶ月ぐらいからでしょうか。
様々な方面からお声がけいただけて、当店としての取材にもつながっていったのはとてもありがたいことでした。発信は大事ですね。

また今後も“動き”を見せられるように、考えや動向を書いていきたいと思っています。

ではでは。

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note

いい仕事を見つけると、好きな人にたどり着く。という話。

スタッフさんとこの春の求人施策を話し合っている時に、求人のキャッチコピーやコンセプトの話で盛り上がりました。

こういうブレスト大好きです。

その話の中で、本当はキャスト求人のキャッチコピーを考えたかったのですが、それに合わせてスタッフ求人の良いコピーを思いつきました。

そう「いい仕事を見つけると、好きな人にたどり着く。」です。

これは僕の過去の経験でも多々あったことなのですが、今回広告デザイナーさんやディレクターさんのテイストの話になった時に、ことごとくイメージに近いアートワークを同じディレクターさんが作っていたんですよね。

他にも僕は基本“監督萌え”なのですが、昔好きだったアニメは実は監督が一緒だったり、作画や演出の方がその後の好きなアニメを担当していたり。
ちょっと気になるな〜と思った本の著者が大好きな人だったり、好きな漫画家の作品はどれ読んでもどっぷりハマってしまったりと。

まぁ“いい仕事”を見るとその根幹には“好きな人”がいたりするのです。
これって法則?
やっぱり人間性として好きなテイストはカテゴライズできるってことなんですかね。

最近では、ニュース見て気になった取り組みに関して、仕掛け人の経営者は同じだ!っていうことが良くあります。

ということで、今後の方針は「いい仕事を見つけると、好きな人にたどり着く。」
僕たちも(何より僕も)“好きな人”と仕事をしたいから。
自分たちの店、自分たちの企画、自分たちの“仕事”が、“いい仕事”だと思ってもらえるように。

頑張ろ。

“いい仕事”見つかるといいですね。

ではでは。
 

お仕事のお誘い、ご飯・お茶のお誘い、取材等のご連絡は下記へお願いします。

mailアットnishiyama.work

↓↓興味ある方はこちらもよければ。↓↓ 

「風俗の社窓から」の内側 | 赤坂のにしやま | note